Keep on Jumpin'

埼玉スタジアム2002 サンフレッチェ広島戦

久々に埼スタでの試合。鹿島は下位の大宮戦で多分勝つだろうし、2位、3位の新潟と川崎が直接対決という今節、優勝を目指す上で勝点0が許されないうちにとっても絶対に負けられない試合。 しかし前半からまったく...

久々に埼スタでの試合。鹿島は下位の大宮戦で多分勝つだろうし、2位、3位の新潟と川崎が直接対決という今節、優勝を目指す上で勝点0が許されないうちにとっても絶対に負けられない試合。

しかし前半からまったく広島のペース、というか広島はやりたいサッカーがしっかりできてる。最終ラインをしっかり固めて縦への突破だけをしっかりケアし、横パスを回すしかない状態に相手を追い込む、ボールを奪った後はとにかくうちのディフェンスラインの裏のスペースにパスを通すという繰り返し。単純だけど狙ったとおりのプレーで前半早々に広島が得点。逆にうちのサイドの選手は守備に労力を奪われ攻撃参加できない。中盤ではある程度ボールキープしてるけど横パスしかできないのでどちらかというと持たされてる印象。アタッキングサードに入ってから裏を取るような動きがないのでフィニッシュまでいけない状態が前半と後半の頭15分くらいまで続くイライラする展開。

埼玉スタジアム2002 サンフレッチェ広島戦 埼玉スタジアム2002 サンフレッチェ広島戦

後半の20分ごろから、相手の足がすこしとまり始めたり、うちのサイド、特に原口くんと峻希くんが攻撃に参加できるようになってある程度形が作れるようになってきたかなと思ってた矢先に阿部ちゃんのピンポイントクリアボールがタカに。タカからエジにすばらしいタイミングでスルーパスがでるとそれをエジが落ち着いてゴールに流し込み同点。

その後も何度かいい形を作るとタカがペナルティーエリア内で倒されてPK獲得。これで勝ち越しと思いきやエジがまさかのPK外しで勝ち越しはお預けに。。でも最後にやってくれましたよ。スッとマークを外してフリーになったエジがロビーのフリーキックを頭で押し込んで勝ち越し。しっかり汚名返上してくれました。

内容的には広島が圧倒していた試合。広島のオフサイドの数をみればどれだけ彼らが徹底的に裏を狙った攻撃を仕掛けてきていたのかがわかる(うちのラインコントロールがしっかりできていたのでオフサイドがしっかり取れてたというのも言えるかもしれないけど)。いや、ほんとに広島の攻撃は厚みがあっていいサッカーしてると思う。でもスタジアム全体を含めたうちの負けられねぇオーラがなんか見えない力になったのかもってくらい追加点が入らなかった。そこを少ないチャンスながらものにしたレッズが粘り勝ちといった感じ。大事な試合でしっかり勝点3を取ってくれました。

さて、終わってみれば鹿島は予想通りの勝点3で相変わらずの独走。新潟、川崎が引き分けて痛み分け。ということでうちが単独2位で鹿島を追う展開になりました。次は水曜日にナビスコカップの準々決勝をはさんでのアウェー大分戦。しっかり勝っていきたい。

Recent Entry

全ての記事一覧を見る