Keep on Jumpin'

2009年の記事一覧

2009年の記事一覧を表示しています。(1 / 1 ページ)

埼玉スタジアム2002 鹿島アントラーズ戦(最終節)

鹿島の優勝がかかった最終節、ホーム埼スタで優勝決められるなんてのはなしにしてもらいたい一戦でしたが、ま、結果は残念な感じで、見たくないもの見せられましたよと。雨もひどかったし、心も体も寒かったよ。。

試合自体は立ち上がりから攻守の切り替えも早い、レベルの高い内容。よく集中して前線からプレスをかけ、前半はほぼうちのペースで試合が進んだ感じ。そういう意味で、いわゆるフィンケサッカーというものはある程度固まってきてるんだよね。ただ、いつもの課題だけど、中盤ある程度ボールを支配して、いい形で攻撃をするも、最後のクロスの精度不足、決定力不足を露呈した形。

たとえば、達也とかもっとゴール前で仕事してほしいんだけど、今日はクロス上げたり、中盤でくさびになってたりって、それはあんたの仕事じゃないだろと。確かにエジのワントップなのはわかるんだけど、彼を含めて達也や元気くんがもっとゴール前で仕事してあげないとフィニッシュの選択肢が少なすぎる。エジ以外のFWがほとんど点を取っていない今年の状況を考えると来年の課題が見えますねと。同時にボランチの攻撃参加ももっと増やしてほしいね。今日は攻撃力のある鹿島相手なので、なかなか難しいとは思うけど、それができないと分厚い攻撃にならないですよと。

後半の失点はうちの足が少し止まってきてってものあったけど、ま、クロスを上げた内田選手と、それに合わせた興梠選手をほめた方がいいね。それくらいピンポイントなクロスだったし、ディフェンスとしては足出せない難しいボールだったし。。けど、いつものパターンといえばパターンですね。直らんな。

その後、後半の終盤はなんかうちの選手も疲れたのか縦へのスピードがまったくなくなってグダグダな感じ。ホントの終了間際、たたみかける攻撃で期待感は高まったけど、結局今日はゴールが遠かった、というか鹿島の守備はやはり堅いね。

ま、終わってしまったことに何を言っても仕方ないので、来年はしっかりと結果を出してほしいもの。1年お疲れ様でした。また来年、埼スタでいい試合を見せてください。

埼玉スタジアム2002 ジュビロ磐田戦

エジ、タカ、達也の3人にトップ下ロビー、サイドバックに萌ちゃん、ヒラというスタメンで挑んだホーム磐田戦は、前半立ち上がりからプレスも早く、相手ディフェンスライン裏のスペースをうまく使ったサイドからの攻撃でいい形を作ることが出来ていた。

特にテクニックとスピードのある達也、タカがサイドを効果的に突破することで縦にスピード感のある攻めが展開され、さらにバイタルエリアでのワンタッチプレーなども随所に見られ、今期フィンケが目指すサッカーの1つの形が体現できているなという印象。いつものスロースタートな立ち上がりに比べても、今日は勝つという気持ちが全面に感じられて見ている方も安心な前半。

その流れの中で、啓太がスペースに出したボールをタカがすばらしいスピードでサイドに抜け出すと、中央でまつエジにクロス。エジも一旦ニアに入ると見せかけて相手ディフェンスのマークを外すと、バックステップしながら難しいボールを逆サイドネットに決めるというなかなか玄人好みな技ありシュートで先制。そのまま前半は折り返し。ここまでは、小さなミスで数回のピンチを招くことはあっても、概ねこちらのペースで試合は進み、後半追加点が期待できる感じの試合運び。

で、後半なんだけど、これがいつもの立ち上がり悪い病がここで再発。。後半立ち上がり早々にたたみかけてペースを握ってしまえばと思っていたらなんか、それに反してゆるっとした立ち上がり。なんて思っていたら、早々に前田に同点弾をたたき込まれ、さらにその数分後には再度前田に追加点でまさかの逆転。まだ時間はあったものの一気に余裕のないモードに突入ですよ。

ただ、後半の選手起用、サイドバックに入っていた萌ちゃんに代えて、暢久を投入し、ヒラを左に、暢久を右サイドにとポジションを入れ替えると暢久、達也という右サイドの縦ラインをうまく使ってサイドからの突破回数を増やし、これに合わせてタカがすこし中央気味で仕事を出来るようになることでゴール前の枚数も増えて厚みのある攻撃が可能に。何度か決定的な状況を作るも、クロスバーやキーパーの好セーブに阻まれて得点出来ず。

その後、啓太がアクシデントで負傷退場→セルが入ると、ロビーをボランチに下げてセルがトップ下。うちの攻撃陣4人が全員ピッチ上にいるっていうすごい状況で同点を狙いにいくと、交代したセルがバイタルエリアでヒラとすばらしいダイレクトなパス交換からゴール前に切れ込み、折り返し。それに闘莉王が飛び込んでポストにはじかれたところをエジがすばらしい反応でゴールに押し込み同点。ゲームは振り出しに。ただ、残り時間は10分を切ってる状況。

そのままの勢いで攻め続けるも、さすがに疲れから前線と最終ラインの間が空いてしまって押し上げが出来ない状態に。しかし、最後の最後、ロスタイムにゴール前で闘莉王がもらったフリーキックからのこぼれ球をエジが信じられないようなミドルシュートをゴール左隅にたたき込んで逆転。もうスタジアムは優勝したみたいなお祭り騒ぎに。ホント、勝ちたいっていう気持ちが結果に表れた、そんな試合だったと思う。

これで、ACL出場をかけた3位以内に希望をつないで、残り2節。次節西京極での京都戦にしっかり勝って、最終戦ホームを気持ちよく迎えたいもの。

【追記】
試合見ててわかったこと。。

  • フリーキックの時は闘莉王をボールに近寄らせるな
  • イエローカードの累積を気にしておとなしくなったロビー。。いつもそれくらい冷静にお願いします。。

味の素スタジアム アウェー FC東京戦

記事書いて最後の最後で消えたのでテンション下がった。。もう1度書く気なくなったので今日の試合の印象だけ簡単に。

前半は守備に関する意識、集中力は高かった。だけど攻撃がイケてない。攻守の切り替え遅い。選手間の距離遠い、フォロー遅い。失点を恐れるあまりか攻撃に人数いなさすぎ。バックラインは高い位置をキープできてたが、東京は何度はうちのサイドのスペースをうまく使ってた。ここは修正の必要ありかなという印象。

後半立ち上がりは前半の反省もあってかいい形で攻撃が出来ていた。ダイレクトプレーでスピード感のある突破、攻撃にかける枚数も増えて、厚みが出た。で、峻希くんのすばらしいオーバーラップからのクロスをエジが技ありなボレーシュートでたたき込んで先制点。先制点なんて久しぶりだね。

後半15分くらいかな?元気くんがまさかのイエロー2枚目で退場。そこから先は守るしかない状態になったけど、みんな集中してしっかりと守りきった。達也に替えて暢久を投入してサイドを安定させ、エジ→タカ、峻希→ヒラと疲れの見える選手を交代して守りきる30分。ギシさんのスーパーセーブにも助けられ、なんとか手に入れた勝ち点3でした。特に最後の15分はマジでやばかった。

今シーズンもこれで残り3試合。気合い入れて最後までいきましょう。

味の素スタジアム アウェー FC東京戦 味の素スタジアム アウェー FC東京戦

最近買ったCDなど

ブラック・トゥ・ブルー
ブラック・トゥ・ブルー アリス・イン・チェインズ

ちょー久しぶりのAlice in Chains。これは買うしかないでしょというアルバム。Layne Staleyが亡くなって、どうなるかなと思ったけど、杞憂だった。このうねり感、待ってましたの出来ですよ。

The Root Of All Evil
The Root Of All Evil アーク・エネミー

セルフカヴァーアルバムなんで、まあ無理に買う必要はないけど、Angela Gossowにボーカルが替わる前の初期の曲をAngela のボーカルでリレコーディングしたっていう作品。かえって新鮮かもね。

Backspacer
Backspacer Pearl Jam

Pearl Jamも3年ぶりのアルバム。いい意味で聴きやすいアルバムだと思う。

いや、もういつものSlayerなんで安心して聴けるよ。

サウンドが分厚くなった。DVD目当てでスペシャルエディション買ったけど、このDVDはいいと思う。

もうこれは買わないといけないアルバムでしょ。内容は所謂ベスト盤なんで、他のアルバムを全部持ってる人には特に目新しさはないけどね。映画も見に行かないと。

Live at Reading
Live at Reading Nirvana

これはずーーーーっと待ってたDVD(+CD)ですよ。Live at Readingは伝説のライブだし、DVD発売は前々から言われ続けては中止になるっていう状態だったのでやっと(オフィシャルなDVDとして)手に入るよと。で、今日発売なんですが、今のところAmazonさんから届くの待ち。。[11/3 20:00更新] 届いた

埼玉スタジアム2002 大宮アルディージャ戦

先制点を献上する悪いクセはいつになったら直るのですかっていう。前節新潟であれだけ気持ちの入った試合をした後で、残留争いしてるチームに完敗するってのがいつものレッズクオリティなんだけど、それにしても全くと言っていいほどいいところのない試合、というか大宮がうちのいいところを出させないようにとても集中して試合をコントロールしてきたのにうまくはめられたという感じかな。

大宮はいつものとおりしっかり守ってカウンターっていうサッカーなんだけど、守備の意識が高く、中盤からしっかりとプレスをかけてうちの中盤を機能させない状態に。うちはエジがいないこともあって、ゴール前、縦にくさびのパスを入れるところもなく、サイドに追いやられる状況。大宮のディフェンス中央にはマトっていうデカイ壁があるので、単純にクロスを入れただけではなかなかチャンスにはならない。特に今日のうちのトップはタカと達也。2人とも高さが売りではないし、足下やスペースへのパスで活きるタイプ。何回かペナルティエリア内でのパス交換からいい形でシュートまで行くも、総じて得点のにおいがあまりしない前半。逆に裏のスペースをうまく使った大宮が先制。

先制点を決めた大宮のラファエルはデカイくせにスピードもあるし、足下の技術も高い。ほんと嫌な感じの選手なんだけど、1点目は飛び出しのタイミングに加えて走り方もうまいし、ホントいい選手取ったね大宮さんは。(現地で見てる限りオフサイドに見えたけどね。。)

で、ただでさえ先制されて大宮にとっては試合がやりやすくなった状況で、前半35分くらいかな、悪夢のロビー退場っていう決定的事件が炸裂。ゴール裏からはよく見えなかったけど、ユニフォームを引っ張ったってことみたいね。1枚目のカードもらってから2枚目もらって退場までが10分もなかった気がするんで、ちょっと軽率なプレーだよね。先制されたあげくに1人少ないんじゃ、もう大宮としてはしてやったりですよ。そんでそのまま前半終了。

後半は途中からセル、梅崎、さらに堀之内を投入して同点を狙うも、またもカウンターからラファエルの技ありシュートで追加点を喰らうと、終了間際にもだめ押しの3点目を献上し終了。あったまきたので早々に埼スタ撤収した。

これでしばらくお休みして11月の頭にアウェーFC東京戦。こんなんで大丈夫なんだろか。。まぁ最後までサポートするしかないので行くけどさ。

埼玉スタジアム2002 ジェフ千葉戦

10月入って秋らしくなってきたホーム埼スタ。前節勝ち点を落として負けられない試合だけど、結果はともかく、内容的にはいまいち納得いかない感じのゲーム。

レッズもジェフもディフェンスラインを高めにとってコンパクトな中盤を形成する立ち上がり。うちは相変わらず立ち上がりの集中力に難有りで、今日も案の定、攻撃に転じて全員が前がかりになったところでつまらんミスでカウンターを喰らい早々の失点。前節も同じだけどなんとかしろこの悪い癖。とはいえその数分後に阿部ちゃんのすばらしい直接フリーキックが決まって同点。試合は振り出しに。その後は膠着状態。

連敗脱出後の数試合、どうも保守的になっているというか、なるべくリスクを冒さないようにっていう意識が強すぎるような気がする。特に今日の前半なんかはそれが顕著で、何でもリスクを冒して前に行けばいってもんじゃないにしても、フリーランニングで裏のスペースに飛び出す動きとか、ボールを追い越して行くような縦への動きが少ない。なので前半なんかは全く点が入るにおいがしなかった。

リーグ前半戦、よかったときは例えばサイドで元気くんが仕掛けて中に切れ込んだときなど、それを追い越すようにサイドバックの選手が中に絞った相手ディフェンスによって空いたサイドのスペースに走り込む→ゴールライン間際からマイナス気味にセンタリング、エジや2列目の選手がフィニッシュってのがよく見られた光景なんだけど、そういう連動した動きがあまり見られず残念。元気くんも仕掛けるのはいいし、それが彼の持ち味なんだけどもう少し味方選手を使うとかタイミングをずらすとか仕掛け方に工夫があると一皮むけるような気がする。今はだいたい同じような仕掛け方で中に切れ込むんで、ディフェンスは読みやすいよね。今後の成長に期待したい。

で、後半は達也を入れて前線で動きがでると、少しずつ形を作れるようになってきたけど、うちがすごくよくなったっていうのよりもジェフの運動量が落ちたってほうが大きいんじゃないかっていう印象。中盤でポゼッションができるようになって、ゲームを徐々に支配。何度か決定的な状況を作り出し始めてスタジアムは得点を期待する空気に。

で、やってくれました。待ちに待った追加点はエジの豪快なシュート。セットプレーからロビーの柔らかいパスに闘莉王が反応。ゴール前でのトラップがエジの前にこぼれたところを鋭く反応して押し込んでくれました。さらにうちのペースで試合は進み、とどめの3点目が峻希くんのプロ初得点。この3点目の流れはとてもいい感じで今後に期待させる攻撃だった。タカが粘って折り返し、ダイレクトプレーでエジを経由したボールが逆サイドに流れると、2列目から押し上げていた峻希くんが豪快にミドルをたたき込んでフィニッシュ。こういう厚みのある攻撃ができるようになると残り試合も期待できると思う。

数字上はまだ優勝が狙えるポジション。可能性がある限りサポは全力サポートするだけ。次節は松本での天皇杯を挟んでアウェー新潟戦。気合い入れて行きましょう。

と思ってたら本日は4万人割れの埼スタ。せつない。。

埼玉スタジアム2002 横浜マリノス戦

前節アウェイで川崎を完封、2連勝してのホーム埼スタ。ここでしっかり勝てるかが上位に食らいついていくためには重要な1戦だったけど残念な結果。

前半早々にコーナーキックから先制されるさい先の悪い立ち上がり。立ち上がりに集中が欠けるのは直らない課題ですね。ただ、その10分後には暢久のすばらしいダイレクトクロスをエジがきっちり決めて同点に。そこまではいい流れだったんだけど、前半終了間際に追加点を食らういやな展開。啓太が相手選手に引っ張られた感じでファールもらったように見えたけど、味方もフォローにいかねーし、啓太も自己判断でプレー止めちゃうし。。プレーが止まるまでは集中を切らさないのが鉄則なんだけどなんだろね。もったいない失点。

その他、前線の選手がチェイスして押し上げた時に、最終ラインが連動せずにバイタルエリアのスペースがすっぽり空いちゃうのは前々からあった課題だけど、前半は時々そういう状態になってたり、最終ラインの連携がずれたところでオフサイドトラップ取り損ないのピンチみたいのが何回かあったけど、全体的にそれほど悪い訳じゃないんだけどなぁって感じ。そういう意味では後半しっかり追いつければと願いつつ折り返し。

後半、うちは攻める、マリノスは守ってカウンターっていう展開。ただ、いまいちミスが多く、パスがつながらないモヤモヤする試合展開。選手間の距離が前半に比べて適切でないのかセカンドボールもなかなか拾えずポゼッションが上がらない。直輝、達也、さらにタカを入れて攻撃に厚みは出るものの集中を切らさず守り抜いたマリノスに逃げ切られた形。痛い敗戦だなぁ。

上位陣が足踏みしている状態で1位から10位くらいまでは数試合差の混戦状態。次もホームで連戦なので、しっかり勝ちにいきたいね。

埼玉スタジアム2002 モンテディオ山形戦

Jリーグ7連敗(ナビスコカップを入れると公式戦8連敗)っていう長いトンネルに入ってしまっていたレッズだけど、今日はやっと出口が見えた試合。

山形は基本的に引いて守ってカウンター狙いっていうチームなので、今までの傾向から相性からいうとあまりよろしくない感じなんだけど、今日はサイドをうまく使って効果的な攻撃ができていたと思う。攻撃にアクセントをつけるロングパスやサイドチェンジもうまく織り交ぜられていた他、アタッキングサードでのダイレクトプレーやワンタッチの素早いパス交換が随所に見られ、シーズン前半戦、よかったときの状態に戻ってきた印象。特にボランチ2人の攻撃参加が攻撃に厚みを加えてた。

特に4点とれたっていう事実はいい自信になったんじゃないでしょうか。セルの1点目はホントにすばらしかったし、PKのキッカケになった元気くんの突破も、それにちゃんと詰めててファールをもらったエジもすばらしい。3点目の萌のシュートは思い切ったオーバーラップとエジのうまいポストプレー、4点目の闘莉王もあのポジションでトラップしてシュートまで持って行くテクニックは相変わらずすばらしい(結局オウンゴール扱いになったけど)。それ以外にも積極的に仕掛けていく姿勢が見られて、これがしっかりとできれば得点はついてくることを感じさせる試合だった。今後も続けてほしいな。

あと、なんかエジに厳しい人が多いけど、彼のポストプレーは値千金ですよ、要所要所で彼がしっかりとポストをしてくれるので2列目の飛び出しが効果的に行え、フィニッシュまで行けているというのもあります。そういう意味で、彼とセルや達也っていう組み合わせはいいのかもしれないですね。今日タカが外れてたのが現地では理由はわからかったけど(あとで聞いたら体調不良だったらしい)、彼も調子は決して悪くないので選択肢が増えてありがたい。

守備面でも今日のディフェンスラインは概ね集中して守備ができてたんじゃないでしょうか。ただ、時たまラインの押し上げやポジショニングで難有りな点も。例えば前線がプレスにいって中盤以前が全体的に押し上げた時、ディフェンスラインの押し上げがそれに連動しない時があって、そこでできたスペースに相手選手にうまく入り込まれて前向かれてしまったりとか、特にカウンター対応の戻りながらの守備でラインが下がりすぎたり、ポジション修正が遅れてスペースを与えてしまったり、そういう状況から精度の高いクロスを上げられると、やはり相手の得点チャンスになりかねない危険な状況を招くことがある。

連敗中のレッズの失点って、実は相手がすごかったというよりも自爆ってのが結構多い(ディフェンスラインの連携ミスとか)。その辺は今日も出ていた細かいポジション修正とか、動きの連動性ってやつをもっと正確にやっていかないと、上位チームとの対戦では厳しい気がします。ま、その辺は今後の課題なんでしょう。

どちらにせよ、しっかりとホームで勝てたことはとても重要で、ウメも次第に試合勘が戻ってきた感じがするし、達也が復活したり、明るい話題も増えてきたのでこのまま波に乗って欲しいな。正念場は次節のアウェー川崎戦でしょう。ここで勝てるかがとても大きい。期待しましょう。

日本代表のオランダ戦を見てて

日本人のやるサッカーの特徴というか、レッズがいまハマってる問題と共通点みたいなものを感じながら見てた。

日本代表のサッカーは前線からハイプレスで行く、運動量の要求されるサッカーで、ちょっと無茶かなっていう飛ばしっぷり、まあそれはい(いや、よくないけど)んだけど、バイタルエリアまではすごくきれいにパスを回して、というよりも回すようにコントロールされて、見た目いい感じなんだけど、でも得点の予感があまりしないというか、たしかに数回大きなチャンスもあったけど、シュートは枠に飛ばずみたいな。ひと言で言えばストライカーの不在ってことだよね。前から散々言われてるけど。

一方のオランダは後半の選手交代でフレッシュな選手が入ってくると、点を取られて前がかりになってる日本の前線の選手と、疲れて押し上げられないディフェンスラインの間のスペースにガンガン縦の危険なパスを入れてくる。日本のディフェンスラインは決定的に崩されているわけじゃないんだけど、ちょっとずつポジショニングがずれてるのと1対1の対応がよろしくなかったりでドタバタした印象。しかも相手はバイタルエリアで前向いてボールもてばしっかり枠にシュートを飛ばして決めてくるあたり、さすがは世界のトップクラスって感じ。まぁわかっていたこととはいえ世界との差は大きいなと。

個人的な能力の話は言っても仕方ないからあれだけど、日本は基本的なポジショニングとか、スペースを埋めたり、パスコースを切ったりっていう守備の基本的なところがおろそかになってる気がする。気迫はあるんだけど、無駄に突っかかりすぎというか、もうちょっと落ち着いて周りとの連動を考えた守備をした方がいい気がする。これは監督やコーチの仕事なんだろうけど。。

レッズがハマってるのも中盤のパス回しのうまさのわりに、ゴールに向かう危険な縦パスが少ないこと、クロスの精度や最後のフィニッシュの精度がイマイチってとこで、なんか攻めてるようで攻めきれない状態(だから某氏にうまいけど怖くないとか言われるんだよ。。)。

あと、運動量を上げること自体はいいと思うんだけど、人間限界って奴はあるわけで、この前のオランダ代表とかを見てても思うのは、人もしっかり動くけど、ここってときにスペースに入ってくる効率的な動きなのと、その空いたスペースに対してボールが確実に入ってくる。だから少ない手数なんだけど、確実に相手にとって危険なエリアまでボールを運んでくるわけ。前半は日本の選手も元気で、スペースを与えてしまっても気合いでなんとかなってたけど、後半、選手の出足が悪くなると前述の通り。

レッズの「ボールがよく動く」はまだまだ足下のパスを回している状態で、足下 to 足下のパスだから相手マークもあまりずれないし、横パスの割合が多いスペースをつくような動きが少ないから、手数が多い割には単調というか、縦方向にスピードのスイッチがはいらない状態が続きがち。で、夏場の暑さとかで疲れがくるともうダメっていう。日本代表が後半ダメだったのも前半のハイプレス(ほぼ特攻。。)が影響してるけど、あのペースで90分やれってのはさすがに無理でしょ。同じ前線からプレスに行くのでも、連動性を重視してもうすこし効率を上げて体力を温存するところはしないと。世界と比べて日本人だけが異常にスタミナがあるなんてことはないんだしさ。

なんか書いててわかんなくなってきた。。とにかく、日本代表にもレッズにも共通して課題じゃないかな思ったのは、まずは人が動くのは大事だけど、効率よく動いて90分戦える状態にすること。ボールはいくら動かしても疲れないけど、人は疲れちゃうわけだから、連動性を高めてパスコースを増やし、縦へのくさびのパスやサイドチェンジなどでボールを大胆に動かしつつ相手ディフェンスをずらし、空いたスペースにすかさず走り込むような動き、さらにそこに対して正確なパスが供給されること(+バイタルエリア以降でワンタッチプレーや細かいパス回しがでると相手にとってすごい脅威になる)。そして最後にしっかりシュートを枠に飛ばす技術だね。

そういうのを端折って、次は同じペースで90分走れるようにしましょうみたいな根性論をいくら言っても向上はしないよなぁとか思った。ま、そんなこと、ここで俺が言っても仕方ないけどさ。

浦和レッズ記憶に残るベストシーン100

浦和レッズマガジンの増刊「浦和レッズ記憶に残るベストシーン100」買った。自分も駒場でのVゴール2つ。大将の世界一悲しいVゴールと土橋のめちゃくちゃうれしいミドルシュートVゴールがトップ2かな。実際にその場にいたのも大きい。あと大将の引退試合とか、ワシのラストゲームとか。色々あったねぇ。

埼玉スタジアム2002 柏レイソル戦

トンネルは長くて暗いね。

1) オフザボールでの動きが少なすぎ。
「ボール持ってる選手+パスをもらう選手」以外の選手が動かなすぎ。誰かがドリブルで仕掛けた場合でも相手ディフェンスラインの中で突っ立てるだけって何がしたいの?

2) 相手ボールへのプレスが弱すぎ
ポゼッションサッカーの基本は前戦からのプレスによって高い位置でボールを奪うこと。その意志がチーム全体で意識できているとは思えない。さらに自陣バイタルエリアでの相手ボールホルダーに対するプレッシャーが少ないので精度の高いクロスやミドルシュート打ち放題。。むやみに飛び込めとは言わないけど、あと1歩前に詰めるだけでも違うと思うのに。

3) ダイレクトプレーとかないよね
(1)が原因だと思うけど、出しどころがないのでボールキープしすぎ。ダイレクトプレーとかないから、相手ディフェンスをほとんど崩せてない。流れの中から得点のにおいがしない。結局セットプレー + 闘莉王だよりかよっていう。。(闘莉王ナイスゴールだったけど。)

4) 試合に集中してください
暑いからなのか、所々で集中力を欠いたようなプレーが見られる。確かにこの気候で連戦の中、運動量の求められるサッカーをやってるんで厳しいとは思うけどさ、レギュラー取ってる選手が気の抜けたプレーしてたら、サポに対してだけじゃなく、出られない選手にも失礼。

簡単に言えばフィンケサッカーの根本的な部分がちょっとおざなりになってる感じがあるよね。あと、点が取れないことも問題だけど、ここ数試合、失点のしかたが悪すぎる。堅牢な守備がウチのストロングポイントなのに、そこが崩れてどうすんだよ。気合い入れ直して欲しいな。

逆によくなったかなと思った点は、前節の大阪戦でも感じたけど、大きなサイドチェンジとか、すこしバリエーションが出てきたかも。でも最終ラインからの縦パスやロングボールはあっても、アタッキングサードでそういう変化がないのが残念。

ま、気持ちを切り替えて次の広島戦に備えましょう。暑い中の連戦で大変だろうけど。

埼玉スタジアム2002 清水エスパルス戦

前試合まで公式戦3連敗+無得点っていうトンネルから脱出できるかの清水戦はホーム埼スタ。雨が降るあいにくの天気、それでも涼しくなったおかげで選手は多少は楽かもというコンディション。

結果は公式戦4連敗、無得点も継続中と。。ただ、いいところほぼなしで完敗した名古屋戦、前試合ナビスコカップの清水戦から比べればかなり修正はされてるのがわかる感じ。最終ラインからのロングボールなどバリエーションも増えたし、まだ回数はすくないもののゴール前、細かいパス交換で縦にスピードアップして崩していくような攻撃も何度かあり、決定機を数回作っていた点は評価できると思う。でも今日は1点が遠かったなぁ。そんなこんなしてるうちに失点(遠くて見えにくかったけど、多分暢久の足に当たってコースが変わったか、ディフェンスがブラインドになって見えないところから飛んできたシュートが都築の逆を付く形に。。)。そのまま逃げ切られた感じだった。

何度かのミス、さらには失点もあったけど、今日は前後半通してディフェンス陣はよく集中してたと思う。暢久、阿部ちゃん、坪井あたりのベテランが、要所要所でいい守備をしてピンチの芽を摘んでいってくれてたし、萌は運動量も多くて、いいタイミングで攻撃参加しては何度かチャンスを作っていた。残るはアタッキングサードに入ってからのひと工夫。相手の意表を突くアイデアがあればなぁという感じ。後半、ロビーを入れたのは、その辺を期待してのことなんだろうけど、得点には結びつかなかった。

今日の収穫としては、ヒラが開幕戦以来の復帰をしてくれたこと。これによって左サイドが安定したのは確か。また、左サイドを起点にした攻撃もある程度形になっていたのでこれは今後が期待できそう。ヒラの試合勘が戻ればもっとよくなるでしょう。やはり、右の暢久と合わせて、サイドアタッカーの若手2人の後ろにベテランっていうポジショニングは安定感と積極性がうまくバランスされていいと思う。(アレの移籍が決まったみたいなので左サイド、ヒラにかかる期待は大きいよ)

これでしばらく中断しての次はアウェーガンバ戦。ウメも復帰間近で中断明けには間に合いそうとの噂だし、あとは闘莉王が戻ってきてくれればセットプレーに対する期待値も上がるでしょう。このトンネルを抜けたとき、ウチのサッカーは1つレベルアップするはずなのでそれに期待しつつ次もサポートするしかないね(といってもそろそろ抜け出せ。マジで)。

日本平 ナビスコカップ準々決勝 清水エスパルス戦

前試合、リーグ戦での名古屋戦からそうなんだけど、変革の踊り場というか長いトンネルに入ったんだろうな。これを早期に抜けることができるかで今シーズンの結果も変わってくると思います。

もともとフィンケサッカーの弱点はみんなわかってて、ウチが選手間をコンパクトにするために高いディフェンスラインを維持したサッカーをしている分、相手にとっては中盤でボールを奪えればレッズディフェンスラインの後ろにはおいしいくらい広大なスペースがあるわけ。あとはそこに走り込む選手とボールの供給があればかなりの確立で決定機を作れるんだけど、そんくらい誰が見たってわかるわけだし、相手チームが、それなら多少中盤でキープされてもいいからゴール前だけしっかり守ってペナルティエリアの中にさえ入られないようにしといて、あとはボール奪ったらカウンター一発っていうのを狙ったら勝てそうだねって考えるのも当然のこと。でもそれはもともと想定内というか、そのリスクを承知した上で点を取りに行くサッカーをしてるわけだから、そこは別にいいんです。

今シーズン前半のいいときは、まだ完全にウチのサッカーに対して相手が研究しきれていなかったというのもあるかもしれないけど、それでもある程度自分たちの弱点を補うサッカーができてた。つまり、

選手間をコンパクトに → 運動量を上げてパスコースの選択肢を増やす → 少ないボールタッチでパス回し → パスミスも出にくいし相手も対応しにくい → 万が一ボールを取られても選手間の距離が近ければすぐに複数人でプレスをかけれる → すぐにボールを奪い返せる確率高い(そもそも自分たちの裏のスペースにパスを供給させない)

っていうこと。逆に言えばこれができないと、リスクだけが残って、弱点を相手に簡単に利用されてしまうことになる。

後半戦に入ってからのウチにまず足りないのは「パスコースの選択肢を増やす動き」。悪い試合してるときはだいたいこれがないので、

パスコースを探してボールタッチが増えてしまう → 当然攻撃に時間がかかるので相手は守りを固める&プレスかけられる → 仕方なく横パス or バックパス → 横パスカットされる → 笑っちゃうくらいきれいなカウンター喰らう → その繰り返しでディフェンスラインヘロヘロ → 運動量減って選手間の距離広がる、パスコースなくなるの悪循環

ってことになる。特にウチのサッカーに対する対処法、守ってカウンター作戦でこられたときには、中盤はキープできるんだけど、それはキープしてるというよりも持たされてるだけで、相手の狙い通り。今はその状態から、相手ディフェンスを釣るような動きとか、相手のマークをずらしたり、崩すような仕掛けがないからおそらく相手にとっては怖くないはず(目の前で横パス回されてるだけだもの)。で、まだシュートで終わればいいけど、その前にボールを奪われちゃうと上の悪循環にまっしぐら。

これを打開するには各選手がもうひと工夫、囮になってスペースを作る動きとか、それに連動してスペースを活用する動きとか、ミドルシュートで相手ディフェンスを引っ張りだすような仕掛けとか、そういうのを数多く出していくようにしないとダメなんでしょう。これは誰か一人の選手が悪いとかそういうことではなく全員が意識しないといけないこと。それができるかで最初に書いた踊り場を抜けて1歩完成形に近づけるかが決まるんでしょう。(前半戦は結果が出てたので、あとはこれに大きなサイドチェンジとかロングパスが織り交ぜられると変化が出ていいねなんて言ってたけど、今はそれ以前の話ですね。ま、1歩進んで2歩下がるのが人生ってやつです。。)

今レッズの監督、選手たちがやろうとしてるサッカーはウチが長年やってきたどん引きしてカウンター一発のサッカーから、より近代的な、レベルアップしたサッカーへの変革なわけで、サポもそこに期待をしているし、ちょっと結果が出ないからといってその路線を変えないで続けていって欲しいと多分ほとんどの人が思ってるはず。とにかくサポは信じてスタジアムに通うしかないので、選手は気持ち切り替えて修正して欲しい。

※失点パターンで言っても、リーグでの前戦、名古屋戦と今回の試合、ほとんど同じやられ方してるのが気になるところ。名古屋はケネディ、清水はヨンセンっていう「前線の的」が明確なチームで、その周りで名古屋は玉田、清水は岡崎っていう選手がしっかり動いてフリーな状態を作ってくる。ウチは「的」の選手に引っ張られる形でマークがずれてフリーな他選手にやられるっていう、見てる方としてはまたかよっていう状態。。今後もウチに対して同じような戦術をとってくる相手は増えるだろうから、早いところ修正しないと恐怖の大失速ってのもあり得るからね。。考えたくないけど。

埼玉スタジアム2002 名古屋グランパス戦

いい天気に恵まれた今日は両親を久々に埼スタにご招待しての観戦。2人には「WONDERシート」をプレゼントして俺らはいつも通りゴール裏へ。長く埼スタには通ってるけど初めてアッパースタンドに試合前少し入ってみたけど、WONDERシートの場所って元々は記者席なのでその見やすさはさすがな感じ。

埼玉スタジアム2002 名古屋グランパス戦(WONDER-3シート) 埼玉スタジアム2002 名古屋グランパス戦(WONDER-3シート)

で記念に写真撮ったり、WONDERシートのお土産のお弁当食べたり、試合前はなかなかいい感じの時間を過ごしてたら。。

そろそろ試合開始前。さあ、今日は気持ちよく勝ってくれよと。

が、結果は最低の3失点完封負けですよ。この大事な時期に2連敗は厳しい。試合は名古屋が立ち上がりからいいサッカーしてる。こちらのアタッキングサード以降はしっかりと裏のスペースをケアしつつ、ボールに対する素早いチェックでうちの選手のミスを誘い、ボールを奪うとすかさず裏のスペースにパスが供給される。

ポゼッションで言えばおそらくレッズの方が高いんだけど、縦方向、裏のスペースに対するパスが通せないのでどうしても横パスを多用することに。でも名古屋選手の寄せが早いのとレッズの選手間のフォローが遅い(簡単に言えば運動量が足りない)のでワンタッチでパスが回らず、ボールを持った選手が名古屋の選手2,3人に素早く囲まれつぶされる、もしくは寄せられて苦し紛れに出したパスをカットされるなど、フィニッシュまで持って行けない状態。逆に名古屋はカウンターからうちの裏のスペースを使って効率よく3得点。まさに完敗ですよ。マジへこむわ。

次は日本平でのナビスコカップ、ホーム埼スタでのリーグ戦で清水との2連戦。しっかり修正して、ここはしっかり踏ん張ってほしいもの。

埼玉スタジアム2002 ナビスコカップ準々決勝 清水エスパルス戦

準々決勝の第1戦はホーム埼スタから。序盤からボールポゼッションしつつゲームをコントロールできたのはうちの方。しかし清水も守備をしっかり対応させてなかなか縦へのスピードアップができない状況の中、今日は左サイドの若手2人がいい仕事してくれました。

サイドバックに入った峻希くんと左サイドハーフとして定着してきた感のある原口くんのコンビが再三にわたって鋭いサイドアタックを繰り返す。特に今日の原口くんはキレてた。ここ数試合彼の動きの良さが顕著だけど、なんか吹っ切れた感というか、一時期目立っていた遠慮しながら、ミスをしないようにプレーする感じから、一皮むけてすごくのびのびプレーしているように感じる。この調子で成長していって欲しいもの。

埼玉スタジアム2002 ナビスコカップ準々決勝 清水エスパルス戦 埼玉スタジアム2002 ナビスコカップ準々決勝 清水エスパルス戦

その原口くんの突破をきっかけに前半PKを獲得して先制。そのまま前半は終了。追加点が欲しい状況の中、後半立ち上がり早々に同点弾を喰らういやな流れ。特に清水は後半ヨンセンら交替選手が入ると、前半あまり機能していなかったサイドからの攻撃が徐々に機能しだし、攻守の切り替えの早い高レベルな試合に。

しかしやってくれました闘莉王。すばらしいミドルシュートがクロスバーに直撃するとその跳ね返りにエジがきっちり詰めて勝ち越し。そのまま逃げ切って初戦は勝利で終えるさい先のいいスタート。さて、次は日本平。その間にリーグ戦も大分、名古屋と負けられない試合が続く厳しい状況だけどなんとか乗り切って欲しい。

埼玉スタジアム2002 サンフレッチェ広島戦

久々に埼スタでの試合。鹿島は下位の大宮戦で多分勝つだろうし、2位、3位の新潟と川崎が直接対決という今節、優勝を目指す上で勝点0が許されないうちにとっても絶対に負けられない試合。

しかし前半からまったく広島のペース、というか広島はやりたいサッカーがしっかりできてる。最終ラインをしっかり固めて縦への突破だけをしっかりケアし、横パスを回すしかない状態に相手を追い込む、ボールを奪った後はとにかくうちのディフェンスラインの裏のスペースにパスを通すという繰り返し。単純だけど狙ったとおりのプレーで前半早々に広島が得点。逆にうちのサイドの選手は守備に労力を奪われ攻撃参加できない。中盤ではある程度ボールキープしてるけど横パスしかできないのでどちらかというと持たされてる印象。アタッキングサードに入ってから裏を取るような動きがないのでフィニッシュまでいけない状態が前半と後半の頭15分くらいまで続くイライラする展開。

埼玉スタジアム2002 サンフレッチェ広島戦 埼玉スタジアム2002 サンフレッチェ広島戦

後半の20分ごろから、相手の足がすこしとまり始めたり、うちのサイド、特に原口くんと峻希くんが攻撃に参加できるようになってある程度形が作れるようになってきたかなと思ってた矢先に阿部ちゃんのピンポイントクリアボールがタカに。タカからエジにすばらしいタイミングでスルーパスがでるとそれをエジが落ち着いてゴールに流し込み同点。

その後も何度かいい形を作るとタカがペナルティーエリア内で倒されてPK獲得。これで勝ち越しと思いきやエジがまさかのPK外しで勝ち越しはお預けに。。でも最後にやってくれましたよ。スッとマークを外してフリーになったエジがロビーのフリーキックを頭で押し込んで勝ち越し。しっかり汚名返上してくれました。

内容的には広島が圧倒していた試合。広島のオフサイドの数をみればどれだけ彼らが徹底的に裏を狙った攻撃を仕掛けてきていたのかがわかる(うちのラインコントロールがしっかりできていたのでオフサイドがしっかり取れてたというのも言えるかもしれないけど)。いや、ほんとに広島の攻撃は厚みがあっていいサッカーしてると思う。でもスタジアム全体を含めたうちの負けられねぇオーラがなんか見えない力になったのかもってくらい追加点が入らなかった。そこを少ないチャンスながらものにしたレッズが粘り勝ちといった感じ。大事な試合でしっかり勝点3を取ってくれました。

さて、終わってみれば鹿島は予想通りの勝点3で相変わらずの独走。新潟、川崎が引き分けて痛み分け。ということでうちが単独2位で鹿島を追う展開になりました。次は水曜日にナビスコカップの準々決勝をはさんでのアウェー大分戦。しっかり勝っていきたい。

駒場スタジアム ヴィッセル神戸戦

前節、前半20~30分以降は全く運動量もなくいいところなしの今期でも最悪に近い試合をやっちまってくれた横浜戦からどういう風に修正してくるのかに注目の神戸戦は駒場にて。まあ、修正といっても戦術的なところよりも精神的な部分が大きかった気がするのでそれほど心配はしていなかったけどきっちり反省して今日はいい試合をしてくれました。

駒場スタジアム ヴィッセル神戸戦 駒場スタジアム ヴィッセル神戸戦

前節は途中から運動量が落ちて相手ボールに対するプレスがかからなくなったことで中盤を支配され、フリーになった相手中盤から、ディフェンスライン裏のスペースに決定的なパスを何本も通されるっていう状況だったわけだけど、今日は終始、しっかりと前線からプレスがかかって、攻守の切り替えも素早く行えていた。

その結果、高い位置でしっかりと相手のボールを奪うこともでき、全体としてゲームをこちら側でコントロールすることができていた。コンビネーションサッカーは運動量が勝負。中盤をコンパクトにするためにラインを押し上げている分、ディフェンスラインの裏にスペースができることは承知のリスク。だからこそ、前線からしっかりとプレスをかけて、相手に自由にプレーさせないようにしなければ、裏のスペースを相手に活かされてしまうのはわかりきってる。その点、今日のような試合運びができれば結果も付いてくると思う。

課題はやはり自分たちのミスによってピンチを招くという状況をどれだけ減らすかだと思う。今日も単純なパスミスなどから決定的なシーンに至る場面が何度かあったし、都築選手の神セーブや相手のミスで助かったっていう部分もあったし。

それにしても今日のタカはよかった。今期初ゴールもそうだけど、随所にみせるプレーから全盛期のキレが戻ってきてるなという感じ。これは期待できそうだ。リーグ戦初スタメンの永田くんもいい働きしてたし、若手がほんとイキイキプレーしているのは見ていて気持ちいい。これからうちのような運動量が決め手のサッカーをやるチームには最も過酷な季節がくるけど、この調子で乗り切って欲しい。

埼玉スタジアム2002 ナビスコカップ予選 大宮アルディージャ戦

予選通過がかかった試合。結果だけ見れば 6-2 と快勝、しかも他会場の広島が磐田に敗戦したおかげで1位通過が確定っていううれしい結果。

試合は序盤立ち上がりを除いてほぼ終始うちのペースでポゼッションも高め。前半はミスから押し込まれる場面もあったけど、後半大宮が10人になってからは一方的な展開。点差がついて気が抜けたのか2失点は余計だったけど、まあいいんじゃないでしょうか。暢久とか最後の方グダグダだったけど、集中できていた時間帯ではラインコントロールも高めで安定してたし、あとなんと言ってもタカは前節点を取ってからいいね。相手ゴール近くで前を向いてプレーできてるし、うまく味方からパスを引き出す動きができてる。ここから大爆発して欲しい。

逆に大宮は守備が崩壊状態、攻撃も中盤省略で最終ラインからゴール前にロングボールを入れるだけっていう、終盤選手の足が止まっちゃうと、ほとんど攻撃になってない感じだった。直近3試合で16失点ってのは人ごとながらなんか気の毒な感じだ。

しかし、この時期に14時からの試合で晴れちゃうとキツイっす。湿度がすげぇ感じであれじゃ選手も大変だなと。

ということで、終わったあとは芝生で少し涼んでから帰りましたとさ。

スカパー!から特典DVDが来た

サッカー見るためにスカパー!契約してるんだけど、なんかDVDが届いた。今年のJリーグ開幕までを追ったドキュメンタリーっぽいのが40分くらい入ってた。

一番の発見は高原がシーチケ購入でオマケについてきたのと同じセカンドバッグみたいの使ってるってこと。(鹿島スタジアムに到着したバスから降りてくるとき小脇に抱えてる。)もっといいバッグ使いなよタカ。。

駒場スタジアム ナビスコカップ予選 ジュビロ磐田戦

代表選手がごっそり抜けてのヤマザキナビスコカップ予選。久々の駒場で観戦。チケットの都合上指定席からの観戦でした。やっぱゴール裏の方が落ち着くけど。。

駒場スタジアム ナビスコカップ予選 ジュビロ磐田戦 駒場スタジアム ナビスコカップ予選 ジュビロ磐田戦

試合は前半からある程度はうちのペース。タカの今期初ゴールで先制して逃げ切った試合。主力選手不在の中、結果としては上々ではないでしょうか。ただ、中盤をコンパクトにしているから仕方がないとはいえ、うちのサイドバックは裏のスペースを使われすぎだろと。後半のこり20分くらいからはそこから3回くらいやばいシーンがあって、ギシさんがいい仕事してくれたおかげで助かったけど、普通ならやられてる。

センターバックに暢久とツボが入っているので中央の安定感は文句なしなんだけど、やはり若手のサイドバック2人には課題も多いと感じる。ま、いきなり高いレベルを求めるのも酷だけど。とはいえ、前半早々アレが故障で離脱したりと想定外のこともあった割にはうまくまとめた試合だったと思います。次もしっかり勝って気持ちよく1位で予選を通過したいもの。

埼玉スタジアム2002 アウェー大宮アルディージャ戦

アウェーの埼スタ。南側サイドスタンドとメイン、バック両スタンドの南側がホームのアルディージャに振り分けられた形で、北側はいつも通り。雰囲気的にはホームゲームとあまり変わらない感じ。ただ観客数が少ないのは仕方ないね。

試合は前半立ち上がりに暢久のまずい対応から相手選手を右サイドでフリーにしてしまいシュート(っつーかクロス?)、それが運悪くツボの足にあたってオウンゴール気味の失点。記録では相手選手のゴールになってたけど。

前半に細貝の同点弾で追いつくも全体的に各選手間の動きが連動していない。パスの出しどころを探して選手が孤立する場面も多々見られ、やはり中盤で動き回って選手間の連絡線を作ってくれる直輝くんがいないことが影響しているのかも。さらに闘莉王も早々と交替、離脱中のロビーや達也、ウメなどと合わせて、主力級がここまで抜けてしまうとさすがにきつい。とはいえ、大宮には失礼ながら下位のチーム相手にしっかり勝点3を取っとかないと後々に響いてくるよね。。。

これでしばらくは中断、次はナビスコカップだけど、そろそろ勝ちをくれ。

埼玉スタジアム2002 ガンバ大阪戦

去年は全く勝てずに相性の悪い相手だったガンバとの今期初対戦。結果だけ見れば引き分けだったけど、試合内容にはうちのペースで1点取れれば勝てるっていう試合だった。その1点が今日は遠かったけど。

前節敗戦の反省もあってか、今日は各選手気持ちの入ったところを見せてくれたと思う。運動量もあり、何度か決定的なシーンも。特に今日のセルは良かった。やはり足下のテクニックはすばらしいものがある。かなり飛ばしていたので後半高原と交代になったのは仕方ないにしても、90分もつ体力を手に入れれば相手にとって怖い存在になるね。

守備は今日非常に安定していた印象。ツボとかいい感じだし、阿部ちゃん、啓太が危険なところでうまく芽を摘んでくれていて本当にやばいっていうのは1,2回しかなかった気がする。あとは点が取れればね。。課題は最後の崩し。各選手の連動した動きがもうすこし完成すればいい感じになるけど、そこは今後に期待。

埼玉スタジアム2002 川崎フロンターレ戦

GW5連戦の最後。疲れが溜まってるところにさらに炎天下、厳しいコンディションの中で体力が必要なコンビネーションサッカーがどれだけ機能するのか、注目の試合だったけど、3失点は想定外だったかな。リードしているときの試合運びにもう少し工夫が必要だと思う。ロビーがいないことでその辺にも影響があったかも。

今期のレッズのサッカーは選手間をコンパクトにしてパスを回す反面、カウンターに対するリスクが比較的大きいサッカーをやってるわけで、川崎はそういう意味でも相性はあまり良くはない相手。その相手にいい形で2得点出来ているんだから、もう少しうまく試合を運んで欲しかった。後半PKで同点にされて、その原因を作った闘莉王が点を取ろうと(気持ちはわかるけどね)上がりっぱなしになったところでカウンター喰らって勝ち越されるっていう、、ほんともったいないなって感じ。

ま、気持ちを切り替えて次へ。

しかし、5月でこの暑さ、夏が恐ろしい。

国立競技場 柏レイソル戦

ゴールデンウィーク5連戦の4つめは雨の国立。ピッチコンディションが悪く、パスミスが起きやすく、スペースへのパスが多用できない状況でどういうサッカーをするのかってのがレッズにとってひとつの課題でしょう。

エジの1点目はその前にディフェンスの前でうまく触った闘莉王のヘッドで勝負ありの状況とはいえ、難しいルーズボールを体をうまく使って押し込んだのはすばらしかった。ただ、その後の2失点と終盤までの小康状態でストレスも溜まる。。せめて勝ち点1をと願っていたら相手のオウンゴール、さらにはセルのラッキーな追加点で勝ち点3ゲットの幸運。ま、フィンケも試合後のコメントで言ってるとおり毎回幸運を期待するのはなしにしても降ってきた幸運はありがたくいただいておきましょう。

ただ、後半から元気に替わって投入された高原、その後入ったセル、2人とも個人的にはイマイチに感じてしまった。高原に関しては確かにピッチコンディションのせいで裏のスペースに抜けるようなパスが難しいとは言っても、低い位置でボールに触ることはすれど前線での動き直しを含めて、相手にとって危険な位置でのプレーってのがあまり見られなかったような(もちろん守備面での動きなどはすばらしいと思うけど。。タカに対する期待のしどころの問題かも)。セルにしても後半途中からの出場の割には運動量が少ない。もっと動いて相手ディフェンスラインを引っかき回すことを期待されての交替じゃないのかね(交替したときは負けてたわけだし)。

ここんとこ、途中交代の高原、セルあたりが入ってからの試合の停滞感というか、その辺が気になって仕方ない。フィンケの選手起用が良くないとか言うつもりはないし、選手個人を攻撃するつもりもまったくないんだけどさ。ま、次のホームゲームに期待しましょう。

埼玉スタジアム2002 アルビレックス新潟戦

連戦の疲れなのか、いつもよりも運動量が足りていない感じの試合。選手間がコンパクトにならないのでパスミスも多い。フィンケサッカーの肝は運動量。連戦で疲れが溜まった時に同じような状況になるとちょっと心配かも。

埼玉スタジアム2002 アルビレックス新潟戦 埼玉スタジアム2002 アルビレックス新潟戦

後半、新潟に退場者がでて数的優位になると、アレが直輝に替わって投入。ボールポゼッションは完全にウチが支配してるんだけどいまいち決めきれないというか、全体的に動きが鈍い。。このまま終わっちまうのかとイラついていたらロスタイムに闘莉王の1発が。こういう苦しい状況の試合でもしっかりと勝ち点3がとれたのは評価すべきでしょう。

しばらく連戦が続くし、気温も高くなってきて選手にとっては厳しい状況だけど、ここをしっかり乗り切って欲しい。

埼玉スタジアム2002 京都サンガ戦

守備の安定感が増してきたことで安心して見ていられる試合。中盤もコンパクトにまとまって前線からプレスもよくかかりいい感じ。先制点を取った後、全体的に運動量が落ちて停滞した時間帯がすこしあったけど、終始試合をコントロールでき、後半一時的に押し込まれる時間帯があったものの、それ以外は特に危ないシーンもなく、逆にこちらは何度か決定的なチャンスを作れていた。あとはそこで決められるかだな。。

埼玉スタジアム2002 京都サンガ戦 埼玉スタジアム2002 京都サンガ戦

とはいえ、エジの先制点、その後もファール取られて幻になった2点目など、うまく相手ディフェンスラインの裏に抜け出すような動きは冴えてたし、守備面での貢献もほんとすばらしい。前節初得点を上げて勢いのある元気君もキレのある動きで楽しませてくれた。相変わらず直輝君は中盤で運動量豊富にボールの収まりどころを作って攻撃のビルドアップに貢献していたし、ほんと見てて面白い。守備面でも特に坪井、暢久の安定感はさすが。啓太と阿部ちゃんのダブルボランチもいい感じに役割分担できている印象。とにかく徐々に完成に近づいている感じがたまらん。

これでホーム負けなしの3連勝。この調子でいきたい。

埼玉スタジアム2002 大分トリニータ戦

アレが復活して90分フル出場、しかも得点(オウンゴール)のキッカケを作るクロスを上げたりの活躍。大分右サイドのプレッシャーがあまり厳しくなかったこともあっていい仕事できてました。それと直輝の運動量、パス出しのバリエーションと精度、かなりのもんです。この子はほんと期待させてもらえる。

ボールポゼッション、最終ラインから中盤でのゲームメイクともに結構やりたいことが体現できていた感じ。あとはラストパスの精度と、シュートチャレンジの姿勢が課題かもしれない。大分みたいにどん引きして守りを固める感じのチームに対して単純にサイドからボールを放り込むだけじゃなかなか得点は難しい。もうひと工夫必要なんでしょね。でも全体的にすごくいいんでポジティブにとらえているけど。

あとフィンケの采配にも毎度ワクワクさせられる。闘莉王が負傷で途中交代したのは予期せぬ事態だと思うんだけど、その交代に高原を入れて阿部ちゃんを下げたってのも意外だった(阿部ちゃんがCBもできるのはわかりきってるからそれはいいんだけど)し、達也と交代した堀之内をボランチに入れたのもへぇーって感じだったし。ほんと飽きさせないというか毎試合楽しみ。

埼玉スタジアム2002 FC東京戦

ホーム初戦は久しぶりに気持ちいい試合を見せてもらった。ホームでの勝利って去年の夏以来。ほんと長かったよ。。。

前節カウンター2発で撃沈されたのを受けてか、今日の試合はサイドバックの暢久、萌の2人が互いに連携しながらどっちかが上がったら片方は下がるみたいな動きをしていたのが変化として感じたところ。また、前節ではあまりなかったサイドからの早めのクロスボールも比較的出ていて、攻めにバリエーションが出ていたかも。

鹿島と比べると東京はボールに対するプレスが甘いので、うちの選手も比較的余裕を持ってボールコントロールができていた様子。だからパスもつながるし、攻撃のビルドアップもなかなかいい感じにできていた。これをガンガンプレスをかけてくる上位チームとやったときにもできるかどうかは課題かもしれない。実際鹿島線ではボランチの2人はプレッシャーでほとんど前向いてプレーできていなかったわけだし。

実際今日の試合を見ても、何度か不用意なパスミスをして相手にチャンスを与えていたりという場面もあり、その辺の精度は今後向上の余地ありと感じた。だけど、全体の運動量も上がってきてる(特にエジとかロビーいいよ。)と感じるし、進化を感じさせる試合内容でサポとしては期待が持てる初戦だった。次回もこの勢いで行って欲しいもの。

カシマスタジアム アウェー 鹿島アントラーズ戦

今年もシーズンが始まりましたよ。やっと1年が始まった感じですね。さて、フィンケ体制になっての開幕戦、開幕前に伝わってくる情報からかなり期待していたわけですが、結論から言えばいい感じじゃないですかね。

確かに結果は負け試合なんですが、前半などはフィンケ(とチーム全体)がやりたいサッカーって奴が結構表現できてたんじゃないかな。中盤をコンパクトにパスを回してポゼッションを高めにゲームメイクしていく「コンビネーションサッカー」は完成まで時間はかかると思うけどその片鱗を見せてくれたんじゃないかなと思います。

失点という点で言えば、全体をコンパクトにして攻撃に人数をかけている分、カウンター喰らったときの対応って奴が課題っちゃ課題なんだろうけど、そのリスクを恐れて去年みたいに5バックの前後分断サッカーやられるよりは何倍もマシだし見てて面白かった。これは続けて、徐々に良くしていって欲しいな。攻守の切り替えスピード、全体の運動量を徹底させることで改善できると思うし。それより個人的に見てて課題だと思ったのは失点よりも無得点だったってことの方。中盤の組み立ては悪くなかった分、最後フィニッシュまで持って行くところの回数と質をもう少し高めてもらいたい。

それから、フィンケ先生の采配としては狙いが明確でいいと思った。後半のエジ、セルの投入は1点でも返すっていう意志を感じたし、暢久の投入でマルキーニョスにカウンター狙われまくってた左サイドの守備が終盤安定した。外から見てても後半、その辺に対してベンチがどういう動きをするのかが気になってたので、この采配を見て結構すっきりした。

まあ、どんなスーパー監督を連れてきたって、チーム戦術を変更した初期からいきなり最高の結果なんで出るわけない。問題は前に進んでいることが感じられるかってことで、その点、この開幕戦はプラスに解釈してる。次節はいよいよホーム初戦。楽しみだなぁ