Keep on Jumpin'

2008年の記事一覧

2008年の記事一覧を表示しています。(1 / 1 ページ)

来年のシーズンチケット継続購入受付開始

今日来年、2009年分のシーズンチケット継続の案内が来ました。来年は今年よりも面白い試合をたくさん見せて欲しいな。。

そういえば、Jリーグは来年のチケットはICカード形式になるんですね。今回のシーチケの案内でもICカードタイプか紙チケット(QRコード認証式)のどちらかを選択するようになってました。で、ICカードを選択した。

埼玉スタジアム2002 Jリーグ最終節 横浜Fマリノス戦

試合の結果に関してはもう何も言うことない。やはりボールのないところで汗をかかないチームが勝てるわけない。来年以降の立て直しに期待することにする。

埼玉スタジアム2002 Jリーグ最終節 横浜Fマリノス戦 埼玉スタジアム2002 Jリーグ最終節 横浜Fマリノス戦 埼玉スタジアム2002 Jリーグ最終節 横浜Fマリノス戦

試合終了後は恒例の全員挨拶。合わせて岡野、ウッチーのレッズ退団セレモニーも。ほんと2人とも長い間ありがとう。ひとまずお疲れ様でした。ゲルトも今日で最後になったけど、監督としての手腕は別として、過去4年間にわたるコーチとしての功績が消えることはない。3人とももっといい形で送り出したかったけど、仕方のないこと。どういう道を歩むとしても3人のこれからの活躍に期待したい。

埼玉スタジアム2002 Jリーグ最終節 横浜Fマリノス戦 埼玉スタジアム2002 Jリーグ最終節 横浜Fマリノス戦

しかし1年が早いなぁ。来年までしばらくお休みですが、また来年も変わらずサポートしにくるよ。

野人とウッチー、来期契約更新はなし

いつかはこういうときがくるのはわかっていてもやっぱり寂しいもんです。Jリーグ発足初期からつらいときも共に戦ってきた2人には感謝の言葉しか出てこない。他チームで現役を続けるのか、今年浦和を最後に引退するのかはまだわかりませんが、どっちにしろ最後は気持ちよく送り出してあげたいものです。

岡野雅行、内舘秀樹との契約について : 浦和レッズ公式サイト

埼玉スタジアム2002 清水エスパルス戦

今日もここ数試合採用している4-2-3-1フォーメーション。闘莉王、啓太のダブルボランチ、サイドバックに平川と細貝っていうシステムにはちょっと驚いたけど、闘莉王の得点力とサイドバックの2人の攻撃参加を重視したんでしょうねっていう布陣。前線は達也の1トップに相馬、セルがサイド。トップ下はロビー。

闘莉王のボランチ起用には相変わらず個人的には反対なんだけど、試合前はこのフォーメーションが機能したら結構おもしろいかもねってちょっと期待してた俺が愚かだった。まったく機能してないんだもん。というかこれはシステムがどうこう以前に、全体の運動量が全く足りず、ポジションチェンジや各選手が連動した動きっていうのがほぼなしってのが問題。

動きがないから、全部パスは足下。相手にとってもプレスがかけやすく、中央のボランチやロビーに球が収まらないから攻撃のビルドアップなんてないに等しい感じ。セルや相馬も孤立気味で効果的なサイド攻撃ができない。で、パスがこない達也がサイドに流れてパスを受けるんだけど、今度は中央の枚数が少なすぎてフィニッシュまでいけないっていう悪循環。最終的に闘莉王がトップに残ってそこに放り込むだけのいつもの形。。もうなんだこれっていう試合だった。

唯一後半の25分から2点目を取られる35分くらいまでの10分間は厚みのある攻撃で楽しませてもらったけど、そんだけ。とても優勝を争っているチームの試合とは思えない内容。

現実的にACL出場権をかけた3位以内を目指す残り2節になりそうだけど、もうちょっと見ていて気持ちの見える試合をして欲しいもの。。

駒場スタジアム 天皇杯4回戦 愛媛FC戦

相変わらず各選手の動き出しが遅く、パスの出しどころがない→球離れ悪くなる→プレスかけられてミスるっていうパターン。サイドチェンジ等、横方向の動きは悪くないが、そこからゴールに向かっていく動きがないので相手のディフェンダーにとってもそれほど怖くないんじゃないかな。サイド攻撃を仕掛けてもゴール前の枚数が少なすぎて選択肢は少ないし、、一言で言えば見ててワクワクしない試合だった。延長戦でPKを決めて何とか勝利できたことはよかったと思うが、なんかものすごーく不安になる試合。

試合後の挨拶時にサポーターと闘莉王がなんかもめたみたい。。サポも闘莉王もイライラするのはわかるけどもうちょっと落ち着け。

埼玉スタジアム2002 ACL準決勝 ガンバ大阪戦

さすがにその日のうちにこれを書く気にならんかった。一晩あけてなんとか気持ちの切り替えができたかな。。

主力3名がイエローカード累積で欠場の中、守備面に関してはそれほど悪いできではなかったし、前線の動きも前半に限って言えばかなりよかった。タカのゴールも最高だったし。しかしセットプレーから同じような形で2失点っていうのはさすがにないわ。2点目入った時点で選手の集中がぷっつり切れたのがわかるような3失点目といい、レッズがよく陥る悪いパターン、前半よくて後半逆転されるっていうのの典型的な試合だった。ここんとこ先制されると追いつけない、先制しても1点くらいだと勝ちきれない。。どうすりゃいいんだこれ。

とにかく終わっちまったものに何言っても仕方ないので、残り5試合あるリーグ戦と天皇杯に集中。

F1日本グランプリ行ってきた

富士スピードウェイで行われたF1日本グランプリに行ってきました。今回はちょっとしたツテでパドックエリアにも入れて超最高。3日間通して天気もよかった(ちょっと雨降ったけど)し、運営も去年の失敗を踏まえて大幅に改善されていたようで、かなりスムーズな観戦ができました。

2008 F1 Japanese GP 2008 F1 Japanese GP

↑プラチナムシートに入れてもらった。

2008 F1 Japanese GP 2008 F1 Japanese GP 2008 F1 Japanese GP

↑しかもパドックにまでご招待ですよ。これは一生の思い出になるよ。意味もなくタイヤとか撮りまくる。

2008 F1 Japanese GP 2008 F1 Japanese GP 2008 F1 Japanese GP

↑こんなところにまで入れてもらっちゃって。もうテンション上がって死にそう。何気なく撮ったピットロードの写真に偶然ヤルノ・トゥルーリ選手が。。

2008 F1 Japanese GP 2008 F1 Japanese GP 2008 F1 Japanese GP 2008 F1 Japanese GP

↑パドック裏は有名人の宝庫ですよ。レッドブルのウェーバー選手、マクラーレンメルセデスのコバライネン、ハミルトン(後頭部しか撮れてない。。)両選手。さらには大物、フラビオ・ブリアトーレ氏も発見。

上記はすべて金曜日のフリー走行中の写真。もうスゲー楽しかった。その他の写真はFlickrにアップしてあります。

埼玉スタジアム2002 ヴィッセル神戸戦

久しぶりに山岸選手がスタメン出場。水曜日のACLに備えてかな。とにかく気合い入ってて、スーパーセーブ連発だったのはいいんだけど、チーム的にはよろしくない状態。攻守の切り替えは遅いし攻撃に厚みがない。全体的に球離れも悪く、常に出しどころを探しながらプレーしている感じ。まったく得点できる予感がしない試合だった。

逆に神戸は運動量も豊富で、スペースをうまく利用した攻撃から再三決定的なチャンスを作ると、闘莉王が上がってる隙を突いたカウンターで先制。そのまま逃げ切られた。

もう1つも負けられない終盤の状況でこういう試合やってるようじゃ厳しい。とはいえあきらめたらそこで終わり。気持ちを切り替えて最後までやれることをやって欲しい。

そういえば、またカメラ持ってくの忘れたよ。

Red Bull 外苑グランプリ

F1日本グランプリの開催を記念して、エナジードリンクで有名な「Red Bull」が明治神宮外苑でイベントを開催したので行ってきた。ゲストにスクーデリア・トロ・ロッソ(STR)の両ドライバーと、レッドブルレーシングのデビッド・クルサードを迎えて、カートレースを中心に行われたイベント。カートレースへの参加は一般からも可能な他、ゲストドライバーも交えてなかなか豪華なイベントでした。川井ちゃんも来た。

Red Bull 外苑グランプリ Red Bull 外苑グランプリ Red Bull 外苑グランプリ

Cireque Du Soleil "ZED"

東京ディズニーリゾートにオープンした、シルク・ドゥ・ソレイユ シアター東京で「ZED」見てきた。おもろい。思ってたより舞台と観客が近くて、すげー迫力だった。

駒場スタジアム京都サンガFC戦

久しぶりの駒場。さらに久しぶりの指定席での観戦。慣れない指定席は落ち着かん。。

リーグ戦も終盤戦には入り、勝ち点3を絶対にとっておきたいこの試合、まずはピッチコンディションの悪さにみんな苦戦している感じ。いまいち足下にボールが落ち着かず、パスミスが連発する。そんな中、堀之内のクリアミスから京都に先制されるいやなスタート。

駒場スタジアム京都サンガFC戦 駒場スタジアム京都サンガFC戦

それでも前半、エジ、高原のFW陣2連発で勝ち越しに成功、いい感じで折り返す。ところが、後半立ち上がりに柳沢に同点ゴールを許し、またも勝ち点3を逃す。。京都の2点目は敵ながら厚みのあるいい攻撃だったけど、レッズディフェンスはマークはずれすぎ。前節名古屋で後半立ち上がりに追いつかれて、そのときの教訓はどこへやら、、またも休憩あけ早々の失点ですよ。集中しろってーの。

後半は足が止まってイライラする試合運び。ボランチのできがイマイチに感じた、特に啓太だけど。。そんな状況に業を煮やしたのか、今日は控えに回っていた闘莉王が残り15分で交代出場して奮闘するも及ばず。残念。次に期待。

浦和レッドダイヤモンズ レジェンド・オブ・スターズ

古くからのサポーターはもちろん、最近サポーターになった人にもオススメなDVD。

1993年開幕から満15年目を迎えたJリーグ。その開幕から熱き戦いを繰りひろげ、多くのサポーターに愛され続ける浦和レッズ!そのチームの黎明期を支え、勝利の為に戦い、日本サッカーのレベルアップ、Jリーグ発展に大きく寄与し、今日の「礎」を築いた選手達!その選手達の勇姿と現役引退までの足跡を収録した特別企画作品!

J'sゴールでの投票によって選出された福田正博、土橋正樹、土田尚史、広瀬治、田北雄気、堀孝史、ブッフバルト、トリビソンノを始めとした浦和レッズを代表するあの勇者達の勇姿が今蘇る!独占インタビューを交えて今明かされる秘話の数々に、永遠に語り継がれる選手達の勇姿を収録した「永久保存版DVD」遂に発売決定!

埼玉スタジアム2002 ACL準々決勝 アルカディシア戦

今日の埼スタは熱かった。絶対に負けられないこの試合、埼スタが1つになった感じ。試合は立ち上がりから数回チャンスを作るも得点ならず。アルカディシアも運動量豊富。サイドチェンジを多用した攻撃でゴール前に迫るもレッズのディフェンスラインがしっかり機能して決定的なチャンスにはならず。特に今日の坪井はキレてた。

前半30分、相馬の目の覚めるようなスーパーダイレクトボレーで先制。このシュートはすごかった。いい時間に先制できたことで前半はいい状態で折り返し。後半も出だしからゲームコントロールし、後半開始早々に闘莉王のシュートで追加点。これで勝利がかなり見えてきた。

2-0になってからのアルカディシアは3トップにして点を取る布陣。レッズのサイド、特に平川が守備に追われて大変な感じになるも、暢久、細貝のダブルボランチが運動量豊富にケアすることで何とかしのぐ。暢久いいよ。涼しくなって動きがよくなってきた。後半終了間際には何度かやばいシーンを作られるがそこを気合いで退けホームで完封勝利。ベスト4進出です。

次はガンバ大阪と準決勝。日本チーム同士の対決だけど、絶対勝って決勝へ。

しかし、のど痛い。。。

埼玉スタジアム2002 大分トリニータ戦

見事なミラーゲームで手詰まりな感じ。見てる方としてはイライラする試合内容で結局引き分け。前回惨敗した対戦から何を学んだのか。。後半、ロビーがこの手詰まり感を何とかしようとしてか、ポジションを変えたり、スペースを使ったりと動きに変化をつけてきたなと思った矢先に暢久と交代しちゃったり、なんかイマイチな感じの試合だった。

ホームでの落とせない試合。サポーターの気合いも相当なものだったにも関わらず、ホームでこんな面白くない試合されちゃ不満も言いたくなるってもの。ここからACLも始まって厳しい日程が続く状況でとっても不安。。

埼玉スタジアム2002 大分トリニータ戦 埼玉スタジアム2002 大分トリニータ戦

書籍 「威風堂堂 浦和レッズ 不滅の名語録」

古くからのサポーターなら特に楽しめるかもしれない書籍。Jリーグ開幕から前シーズン終わりまで、レッズの選手、監督、フロントが残した名言(迷言?)をまとめた一冊。我らが大将の忌まわしき「負けないよ」はもちろん、当時を振り返りながら読めば今では懐かしい言葉ばかりです。

埼玉スタジアム2002 ジュビロ磐田戦

闘莉王のけが、永井の警告累積による欠場、代わりに阿部が最終ラインに入り、ロビーがスタメンでスタート。前半の立ち上がりがよろしくないのはいつものことで、ジュビロ、駒野を起点としたサイド攻撃からチャンスを作られまくる。そんで先制点献上。

しかし、失点直後に達也のいいシュートからロビーが押し込んで試合は振り出しに。これはよかった。後半はロビーのマークが緩んだことで試合をコントロールできるように。攻守の切り替えの早い好ゲームに進展した。そんな中から、平川の素晴らしいシュートが決まり勝ち越し。さらに、終了間際、高原のだめ押しで3-1の勝利。久々の連勝。雨の中サポートした甲斐があった。

しかし、高原の3点目。90分動き続けた後であの冷静な切り返しと正確なシュートはすばらしい。最近のキレの良さはいい感じ。この調子でいってほしいもの。

埼玉スタジアム2002 柏レイソル戦

立ち上がりに先制される、勝っている時の試合運びがイマイチというレッズの悪いところが見事に出た試合。後半ロスタイムに勝ち越して、その数分後に同点にされるって......ほんとに膝の力が抜けた。

しかし、入った得点は個人技という点ではすべて素晴らしいシュートだった。その点ではいいもの見せてもらったけど、中盤でのプレスが甘く、セカンドボールがほとんど拾えないなど問題も多い試合だった。次の味スタに期待。

埼玉スタジアム2002 川崎フロンターレ戦

前半の入りから20分間はすばらしかった。早い時間帯に高原の得点で先制。いい試合になる予感がしてたが、、前半の20分過ぎたあたりからはいつもの前後分断で中盤がガラ空き。相手にボールを支配されると再三スペースに走りこまれてチャンスを作られる。結局前半の終り近くに追いつかれて折り返し。

後半、達也に代わって永井が入ると、多少形がよくなったと思っていたら、カウンターから逆転のゴール。さらに数分後に追加点で試合が決まった。つまらないミスも多く、全体的にいまいち噛み合っていない感じ。個々の動きは決して悪くないと思うんだけどな、、

次のアウェイ、鹿島戦で踏みとどまってくれることに期待。

埼玉スタジアム2002 東京ヴェルディ戦

前節、よろしくない負け方をしていることもあって緊張感のある試合だった。けど、闘莉王がトップ下とか聞いてえぇって思ったり、久々スタメンの細貝、左サイドの相馬に期待しつつ試合開始。

全体的に前線、中盤でのプレスもいいし、相馬、達也がうまくスペースを使ってサイドからの攻撃を組み立てていい感じ。早々に先制されるところとかはいつもの通りだけど。。で、闘莉王ハットトリックで何とか勝利。鹿島、名古屋が負けたおかげで単独首位に返り咲き。相馬がよかった分、逆サイドの平川がちょっと物足りなかったかも。せっかくの俊足、1対1の強さをもう少し活かしてほしい。

まだ課題も色々あると思うけど、とにかく結果を出してくれたのは素直にうれしい。ここまでで半分。次節もしっかり勝ってもう一度勢いに乗ってほしい。

九州石油ドーム アウェー 大分トリニータ戦

いいかげん闘莉王のボランチ起用はどうなんですかと。啓太と2人そろって攻撃参加ができてないし遅すぎるし運動量も足りてない。前線の選手はいい動きしている印象があるんだけどなぁ。。あと、つまらんパスミスは何とかならんのか。

埼玉スタジアム2002 FC東京戦

ナビスコカップを挟んで公式戦5連敗とよろしくない状況で、久々のホームゲーム。前半立ち上がりから素早いプレスでボールを奪い、ボールを支配する。今日先発の達也が裏のスペースを突くことで、相手ディフェンスは引き気味になり、中盤にスペースが。おかげでロビーを中心にゲームメイクが行われ前半早々に達也からの折り返しをエジミウソンのゴールで先制。

前半は何度か決定的なチャンスを作るが決め切れず、そのまま終了。ところが後半、達也、さらにロビーが負傷で交代するとあまり状況はよろしくない感じに。再三FC東京にチャンスを作られる。追加点も入らぬまま、終了かと思われた残り時間2分で永井のゴールが。堀之内のラストパスが素晴らしかったのもさることながら、相手ディフェンスとトップスピードで競っている状態からゴール左隅に突き刺したシュートは素晴らしかった。

国立競技場 柏レイソル戦

中断期間が終わって久しぶりのリーグ戦。国立競技場でのアウェー戦。

前節のガンバ戦からナビスコカップと負けっぱなし、しかも内容も良くないっていう最低の状態から、代表メンバーの復帰や夕張キャンプでの調整によってどこまで良くなるかに期待していた身としては全く進化していない状況に唖然とした。。

国立競技場 柏レイソル戦 国立競技場 柏レイソル戦

ボランチの攻撃参加が足りないこともあって両ウィングのラインが低く、ディフェンスラインに吸収されてしまうような状態。当然サイドからの崩しなんてほとんどなし。相手のサイド攻撃やサイドチェンジをうまく使った左右への振りにマークが外れること多数。ディフェンスが後手後手にまわっている印象。。ほんとに大丈夫なんかと心配になる内容。いい加減、勝ち負けはともかく納得いく内容の試合をしてほしい。次に期待します。

埼玉スタジアム2002 ナビスコカップ 名古屋グランパス戦

前半は選手にまったく動きがない。裏を取るような動き、スペースを活かすような動きもなし。そんでもって先制点とられる。後半、達也が入って動きは良くなるもグランパスのサイド攻撃にマークが外れる場面が多く、最悪の5失点。。頭痛くなってきた。

いくら何にもかかっていない消化試合とはいえ、プロとして恥ずかしくない試合をしてほしいもの。唯一の得点は梅埼の見事なボレーシュート。

埼玉スタジアム2002 ガンバ大阪戦

梅埼の素晴らしいフリーキックとエジのヘッドで2得点するも、3失点で11試合ぶりの黒星。2失点目は審判の判定の問題もあると思うがどちらにせよ他の2点も含めて集中力が切れた瞬間の失点。チャンスは多く作るが一歩及ばず。

試合後に南側でレッズサポとガンバサポが乱闘騒ぎになったみたい。北側からだと遠くて細かいことはわからなかったけど、相手から挑発されたにせよそれに乗せられて手を出すようではいけない。

気持ちを切り替えて次に期待。そういえばカメラ忘れた。